ちひろのきょうも釣り日和

へなちょこ釣り師ちひろが、東京湾の魚を釣りまくり食べまくる(いつかは……。ああ、きょうもオデコかい!)

こっちも、しょっぱい

このタオル、汚れているんじゃありません。

谷地頭温泉っていう、函館市内から路面電車で30分ほどいったところにある
公共の温泉施設で買ったタオルです。
もちろん、買ったばかりのときには真っ白なのですが、
温泉に入っている間に、すっかり茶色く染まってしまいます。

土曜日に入った「海峡の湯」も赤湯でしたが、
ここの温泉もしっかり赤い。そして、しょっぱい。

それにしても、函館の人って、うらやましいですね。
この温泉に420円で入れるんです。
市営なんですよね。
安いし、とっても広いんです。
のんびりしているんです。

販売するタオルは、茶色いものにしてくれると嬉しいです。

yachigashira




タダですよ!!

函館って、ホントーにいいところですね。

仕事でよく利用するホテルドーミーイン函館五稜郭には、大浴場がありません。
といっても、ビジネスホテルなんだから、部屋にあるユニットバスで充分なんだけど、
「申し訳ない」というので、サービスで提携ホテルの大浴場が無料で使えます。
しかも、タクシーの送迎までついてます。
もちろん、それも無料です。

「タダ」って言葉に弱いんですよね。

ちなみに、大浴場はラビスタ函館ベイというホテルの
「海峡の湯」です。
赤くてしょっぱい、典型的な海沿いの温泉ですね。
朝まで身体がポカポカします。

今月は、ことのほかよく頑張った(自画自賛)ので、
ちょっぴり自分へのご褒美です。

写真は、またまたパンフレットから借用です。

20110423205126

昆布のヌメヌメ

帯広に来ています。お仕事です。観光とかはナシ。

地元の人に手配をお願いしたら、北海道ホテルという
えらく由緒正しそうなところをとってくださいました。
なんかキンチョーします。

夜、ホテルに入ったので外観とか景色とかは明朝のお楽しみ。
で、温泉を堪能しました。
モール温泉といって、世界に3ヵ所しかないんだそうな。

モール温泉とは、大昔、地中に埋もれた植物が、黒炭に変化する過程で……

入力するのメンドーだから、興味のある人はHP見てくりゃれ。

で、そのお湯はめっちゃツルツルします。
それは、昆布のまわりにあるヌメヌメしたやつを集めてきてためた湯船に入っている感じです。

写真撮ってないので、せめてパンフレットに掲載されている写真を載せます。
雰囲気だけでもお楽しみください。

20110414232407

望郷

「東京に空が無い」と言ったのは、高村智恵子だった。

「東京に山が無い」と言ったのは、ちひろの友だちです。

四国・徳島から東京に出てきた彼は、視界の範囲内に山がまったくない
だだっ広い関東平野を見て「つまらない」と言った。

「なるほど」とちひろも思った。

だって、千葉都民のちひろの眼に入ってくる山は、遥か彼方の筑波山だもの。
あと、ごくまれに富士山が見える。銭湯の絵じゃないよ。
そのくらい、関東平野はまったいら。

沼田に来ると、視界のあちこちに山が見える。
それこそ、360度ぐるっと山。
変化があって、いいなあと思う。

tanigawadake

[望郷]の続きを読む