ちひろのきょうも釣り日和

へなちょこ釣り師ちひろが、東京湾の魚を釣りまくり食べまくる(いつかは……。ああ、きょうもオデコかい!)

ホロッ ジワ

晩ごはんに、金谷の黄金アジを塩焼きにして食べました。

さすがに、味の良さには定評のある金谷沖のアジ。
しかも旬の味覚。脂ののった型のいいアジだけに、
焼いてるそばから脂がしたたるしたたる。

ジュワワワワー。

身がしまっていながら、口に入れればホロッとくずれ、
口の中に旨味がジワッと拡がり、
思わずウマッと叫んでしまう。

あぁ、アジの偉大さに脱帽です。


秋の海!?

8月が終わろうとしています。

9月、海は少しずつ秋になっていきます。

秋の海は、カワハギ、スミイカ、イシモチetc.

そうだ、イイダコなんてひょうきん者もいましたね。富津港出船で、4〜5メートルの浅場でのんびり楽しむ一日。

木更津沖のオチハゼなんかもいいですね。

次回の釣行は9月10日の予定です。
台風さん、来ないでね〜


カサゴの唐揚げ

冷凍庫にカサゴがストックされていました。

たぶん、7月の半ばに金沢八景 新健丸のジンタカサゴ船に乗ったときのもの。
唐揚げにはちょっと大きいかな……というサイズが4匹。
ま、じっくり二度揚げすればOKでしょう。

ということで、できあがった唐揚げは、ヒレがコリーンとしてて、
身はフックラリーンとしてて、
なんともいえず美味でした。

あ、メタボ解消に挑むちひろは、揚げ物ストップだったんだよね〜。
だけど、ま、ポテチじゃないからいいか。


粕の底力!?

きょうの晩ごはんは、きのうのアジ&イナダのお刺身の残り。
といっても、はじめからきょう食べようと思って
半身を取り分けておいたもの。
釣ったその日と翌日では、味がどう違うか食べ比べてみようと思ったのです。

で、結果。

アジ、イナダともに味の濃さでは段違いに2日めのほうが美味。
特にイナダは、ねっとりとした身の食感とあいまって
なんともいえない充実した味わいに。

2日めが美味しいなんてカレーみたい!!

あと一品。タチウオの粕漬けを焼きました。
これは、先週釣ってきたやつを粕床に漬けておいたもの。
といっても、頂き物の高級奈良漬けのまわりにたっぷり練り粕が残り、
捨てるのがもったいないので試しにタチウオの切り身に塗りたくってみた
なんちゃって粕漬けなのです。

だけど、粕の味がよかったためか、はたまた東京湾のタチウオの実力か、
身がキュッと引き締まって飴色に輝き、
ほのかに甘い酒の薫りがして、
これまたサイコーに美味でした。

粕漬けにはまってしまいそうな予感がします。


イナダくん参上!?

予定どおり、金谷 忠七丸 で黄金アジと戯れてきました。



ウミネコも、のどかに船上でちひろの釣りを眺めていました。

[イナダくん参上!?]の続きを読む